源泉などの温泉表示の意味

リウマチは温泉に入ると症状が緩和することがありますが、いくつかの注意点を守って入浴するようにします。

源泉などの温泉表示の意味

リウマチのリハビリにもなる温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

お年寄りの関節リウマチが温泉によりよくなったという話は昔からよく言われています。温泉療法をして実際に症状がよくなり、薬にあまり頼らなくて済んだという実例もあります。なぜ入浴することで症状がよくなるかというと、一つは体を温めることにより痛みを鎮めることができるからと考えられています。ただし、炎症が悪化しているときには逆に入浴はよくありません。

もう一つは入浴によるリハビリテーション効果です。リウマチは関節が変形してしまったり筋力がなくなっていきます。このような症状を少しでも防ぐためには運動をする必要がありますが、重力のある状態ではリウマチの症状がある人にとってなかなか運動しにくいのが現状です。水中だと体の負担を減らしながら歩くなどの運動をすることができます。さらに水圧による抵抗などでゆっくりと筋力をつけることもできます。入浴方法にはいくつか注意点があります。温泉に入る時間は20分から30分程度にしなければなりません。運動をするときは36度から38度くらいのお湯にします。運動をしないで浸かるだけであれば40度前後のお湯にします。そして入浴は一日に3回までにします。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2018源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.