源泉などの温泉表示の意味

温泉に表示されている「源泉」などに着目すると、どのように汲まれたお湯が使用しているのかわかるようになります。

源泉などの温泉表示の意味

源泉などの温泉表示の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の温泉の定義は沸いているお湯が25度以上で、定められている温泉の成分19種類のうち1つでも規定量以上含んでいることが条件です。この規定を満たしていなければ名乗ることはできません。よく「源泉」という言葉を耳にしますが、これはその地で採取されるお湯のことを意味しています。施設案内に源泉と表示されていれば、その地で湧いているお湯を使っているということを示しています。その施設内ではなく施設外で汲まれている源泉を使う場合は「引き湯」と表示されます。

「かけ流し」とは湧き出しているお湯そのものをそのまま使用しています。よってお湯を濾過したり熱を加えたりはしていません。かけ流しは引き湯をしている施設でもそのままのお湯を使用していればかけ流しと言うことができます。

あまり湯量が豊富ではなかったりすると「循環ろ過」をしていることがあります。これはお湯をろ過して不純物を取り除きながら循環させることです。たいていは塩素殺菌も行われるので成分が源泉とは異なってしまうこともあります。ろ過は行われず、温度が下がるたびに新しい湯が注がれるような温度調節のための循環は循環ろ過とは異なります。この場合は新しいお湯であることが多いので泉質が変わることはありません。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.